株式会社ノア リーディング




■ 6ナイロン(PA)へのNi-Bめっきについて


今般、6ナイロン(PA)素材へのNi-Bめっきを開発しました。
6ナイロン表面に特殊な接合材を用いることにより、強固なめっき膜を形成できます。またナイロンの柔軟性に追従す
るしなやかさも兼ね備えていて、ナイロン素材の応用範囲の拡大が期待されます。
機能性(強度,耐熱性,加工性など)と経済性に優れた6ナイロン(PA)素材へのNi-Bめっきは、これまでアンカー効果を
利用したメッキ(6価クロムを用いた表面エッチング)が行われていたが、環境問題やRoHS指令、グリーン調達などに
よりナイロン上へのめっきはあまり行われてきませんでした。また素材のナイロン地に触媒等を埋め込む方法も考案さ
れていますが、コストや素材本来の利便性の面で製品適用は限定的でした。
今回、開発した6ナイロン素材へのNi-Bめっきは、ナイロン素材の形成方法に全く依存せず、パンチングボードや深い
シンクのような形状でもその形を変えることなくNi-Bメッキが出来ます。
このため現状の製品の形状を変えることなく機能を向上できます。
弊社のNi-Bめっきは、Ni純度も高く一般的なNi-Pめっきよりも高純度でNi本来の金属表面特性を発揮できます。
この高純度Niめっきは、EMIシールド部品としての効果も期待されます。

 ■ 6ナイロン素材へのNi-Bめっき(例)


 
 6ナイロン(PA)素材の表面に、厚さ約1μmの
 Ni-Bめっきを形成することが可能です。
 
 




 
  6ナイロン(PA)素材への表面Niめっきは、
  パンチングボードのように加工した製品でも、
  成形品でもめっきすることが可能です。
 

 ■ 6ナイロン(ガラス入り)へのNiめっき



めっき前

Niめっき後
● 6ナイロン(ガラス入り)

● 顕微鏡観察

 ■ 6ナイロン素材へのNi-Bめっきの柔軟性評価(曲げ変形)


6ナイロン(PA)シート素材へ表面Ni-Bめっきを行った材料の柔軟性
を示す動画です。
厚さ0.3mmのナイロン素材の曲げ変形にも追随して、めっき剥がれ
が発生していません。
部品の軽量化や素材の変形にも対応できます。

■ 動画 

 

 ■ Ni-Bめっきの鉛筆硬度試験


6ナイロン(PA)シート素材(厚さ0.3mm)へ表面Ni-Bめっき(厚さ1μm)を行った材料に対して鉛筆硬度試験を行いました。
9H硬度での結果は、下記に示すように6ナイロン(PA)素材に食い込んでしまいますが、鉛筆によるめっき剥がれは生じていません。
めっき強度は良好と考えています。